クリエイトウエディングのブログ

1件目 (1件中)
rss

人前式ってどんな挙式??


こんにちは。プランナーMです。
いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます。

2人が生涯を共にすることを誓う結婚式にはいくつかの選択肢があり、チャペルなどでのキリスト教式、神社やホテルの神殿などでの神前式、お寺での仏前式などが挙げられます。

「あまり宗教色に縛られたくない」「親族も友人も参加できる式をしたい」、という方は、
【人前式】を検討してみてはいかがでしょうか?

          

人前式は「自由」というのが大きな特徴です。
まず場所ですが、チャペルでも、ガーデンでも、開宴前の披露宴会場など、ご希望により新郎新婦様と会場とで相談することになります。
また、衣装は洋装でも和装でももちろん可能です。
私は一度チャペルで和装の人前式に参加したことがありますが、とっても素敵でしたよ☺
2人の個性が感じられる挙式でした。

メリットとしては、同じ敷地内で挙式も披露宴も出来るので、ゲストの移動が少なくて済むことや、挙式のあと披露宴までの時間も空きませんので、すぐに皆様にお食事を召し上がっていただけることです。
ご高齢のゲストがいらっしゃっても安心ですね。

神前式の始まりが明治時代という説があるそうなので、それまでの時代は「祝言をあげる」ということで新郎のお家で皆様の前に誓いを立てていたことを考えると、日本では人前式が一番古い挙式の形なのかもしれません。


クリエイトウエディングでも何度も人前式のサポートをさせていただいております。

晴天の日本庭園での挙式や、
          

ご家族とのご祝宴の前、皆様はお席にお掛け頂いたままご覧いただいたり、
          

会社関係・ご友人・ご親族が来られる大人数の披露宴の前に皆様の前で誓うことも。
          


挙式の流れもすべてオリジナルです。
誓いの言葉も指定のものはないのでご自身で用意していただきます。

よく見られるのが、挙式前の受付にてゲストの方からご芳名をいただきますが、通常の芳名帳ではなく人前式の「立会人」としてお名前を頂戴するケースです。
キリスト教式などは神様の前で誓いを立てる、人前式ではゲストの方に結婚の立会人になっていただき、誓いを立てていただきます。

誓いの言葉にも指定のものはないので、お2人でご用意いただきます。
また、立会人代表署名・新郎新婦様結婚証明書署名・指輪交換・誓いのキスなど、事前の司会者とのお打合せで細かな内容を決めていきます。

演出としては、リングボーイ(ガール)・リングリレー・水合わせの儀など様々なものが考えられます。
何をしたらいいか分からないという方は、司会との打ち合わせで色々と提案をいただけるので安心してください!

          

 



1件目 (1件中)
rss


TOP